ジュエリー 修理

指輪、ピアス、ネックレスの変色について

投稿日:

はじめは金色だった指輪が気が付いたら何となく赤茶色っぽい・・・。久しぶりに出したピアスが別物みたいに真っ黒だった・・・。銀色だった結婚指輪が灰色っぽくなっている気がする・・・。ジュエリーは長く使っていると表面についた油汚れが酸化したり、硫黄成分に反応して黒くなったり、小傷がたくさんついて光らなくなり、灰色っぽくなったり白っぽくなったりします。ここではよくあるジュエリーの変色についてお話させていただきます。

シルバーの変色にご注意

ネイティブアメリカンジュエリーやドクロやクロスのシルバージュエリーのくぼんだ所が黒くなっているのを見たことがあるでしょうか。あれは黒く塗っているわけではなく、いぶし液という液で黒く反応させているのです。銀は硫黄と反応すると硫化銀(りゅうかぎん)という黒い銀になります。硫黄と反応するということは温泉に入った時も成分に硫黄が入っていると銀は黒く変色してしまいます。温泉地帯や硫黄のにおいのするところにお出かけの際はご注意ください。あまり知られていないのですが輪ゴムの中にも硫黄成分が入っていますのでジュエリーケースの中に輪ゴムが入っていると同じように黒く変色することがありますのでお気を付けください。

金の変色について

では金は温泉地帯に行っても大丈夫かというと何とも言えません。金は純金では柔らかいため、強度を出す割金として銀が含まれています。この銀が硫黄と反応するとやはり黒っぽく反応することがあります。硫黄のにおいのする場所ではゴールドのジュエリーも外したほうが無難かと思われます。では時間が経って赤茶色に変色している場合はどうでしょうか。これは表面の油汚れが酸化しているので中性洗剤で洗浄するときれいになったりします。特に化粧品やヘアスプレーなどをよく使う場合にはその飛沫が付き、そこに皮脂や汚れが溜まることがよくありますので時々中性洗剤とぬるま湯で優しく洗浄することをお勧めいたします。ただその時に有機系の宝石やエメラルドが付いていないことをご確認ください。真珠、ターコイズ、ラピスラズリ、エメラルドなどは洗浄によって劣化することがありますのでご注意ください。

ジュエリークロスの注意

ジュエリーが汚れてしまった時に役に立つのがジュエリークロスですね。東急ハンズなんかでも500円くらいで買えたりしますので手軽で便利です。しかしジュエリークロスは研磨剤の入った布なのでシルバーやホワイトゴールドに使うとメッキがはがれてしまい、その時はきれいになっても後から変色が起こりやすくなったりしてしまいます。できればシルバー、ホワイトゴールドには研磨剤入りのジュエリークロスは使わず柔らかい布や指先で洗剤をつけてなでるように洗浄してください。

最後に実験

最後に硫黄成分の入った入浴用岩塩を溶かしたお湯にジュエリーを漬けてみる実験をご覧ください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ジュエリー工房アトラスではジュエリーのクリーニング、修理も受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

ジュエリー工房アトラス Yahooショッピング
https://store.shopping.yahoo.co.jp/atrus/search.html?p=%E6%96%B0%E5%93%81%E4%BB%95%E4%B8%8A%E3%81%92#CentSrchFilter1

-ジュエリー, 修理
-, , , , , ,

Copyright© jewelry atrus blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.