ジュエリー 指輪

指輪の”ピッタリサイズ”とは?

更新日:

リングゲージでサイズを測ったのに実物が到着したらなんだか着け心地が違う・・・。そんな経験ないでしょうか。実は指輪のサイズは全て同じがいいわけではありません。自分の指のサイズが10号サイズだからと言って、どんな指輪でも10号でも良いかというとそうではないのです。また季節や生活の仕方によっても少しずつ”ピッタリサイズ”が異なります。この記事ではなかなかしっくりこない指輪のサイズについてお話します。

ピッタリサイズは人それぞれ

まず指輪のサイズを測るとします。その時きっと3mm幅程のリングゲージと言われる指輪のサイズを測る道具を使うと思います。
リングゲージ
こんなやつです。ちなみにこちらで販売もしておりますが、無料レンタルも行っております。
さて、リングゲージでリングサイズを測りました。その時どのくらいの着け心地がちょうど良いのでしょうか。

①緩め。指輪が回転してしまうくらい

②やや緩め。ほんの少し隙間が空くくらい

③ピッタリ。

④軽く締め付けられるくらい。

⑤きつめ。

正解は・・・。⑤以外の全部です。きつめは危険なのでお控えください。特に測った時の体調にもよるのですが、指のサイズはむくみや運動で1号~3号くらいは変わりますので、通常の体調の時にピッタリすぎるとむくんだ時に危険なのです。あとは好みや個人の考えでリングサイズの”ピッタリ”が変わります。例えば私は30代男性で薬指のサイズは14号です。普段は指輪を着けないのでいざ付けたときに違和感が無いように細いリングを結婚指輪にしました。リングの幅が最大幅3mm、最小幅2mmほどの細目のリングですので、本来であればリングゲージで測定したよりも1号小さい13号くらいで造っても装着可能かと思います。しかし私はこの指輪を16号で作成しました。くるくる回ってしまうほど緩いのですが私には”ぴったりサイズ”です。手を洗った時や濡れた時、指輪と指の間が濡れているのが好きではなく、くるくると移動できた方が好みなのです。デザインが回ってしまいますが親指と小指でくるくると回して調整できるのでそんなに気になりません。もちろん弊社の中にも指輪を外した時にもともと指輪をしていたところがへこんでいるくらいきつめが好きな者もいます。つまり、どんな風に指輪がしたいかで変わるのです。

お肉の逃げ道

さて、先ほど上の文章で「リングゲージで測ったよりも1号小さい13号でも装着可能・・・」と書きましたが、疑問を持った方もいたかと思います。実はリングのデザインによってリングゲージで計測したサイズでは合わない場合があるのです。その謎と解き明かす答えは、「お肉の逃げ道」にあります。少しきつめの指輪を装着するとそこだけお肉がへこむのが想像できるでしょうか。そのへこんだ分のお肉はどこに行ったかというと、その周りに逃げて指輪の周りのお肉を膨らませます。指輪の幅が5mm幅を超える幅広の指輪の場合、より多くのお肉が逃げることになるのですが、逃げきれない分は指輪の中に残ることになり、「きつく感じる」ということになります。特に指は曲げたときに手のひら側のお肉が膨らむためより一層きつく感じる、もしくは指を曲げられないということになります。つまりお肉の逃げ道を邪魔してしまう幅広リングは少し大きめのサイズを。お肉の逃げ道を邪魔しない細身のリングは小さめのサイズを着けるとしっくりきやすくなります。ご理解いただけたでしょうか。そしてさらに落とし穴が一つあります。

"お肉の逃げ道がある"幅広リング

「なるほどなるほど、ということは自分はリングサイズが15号、欲しい印台の指輪が幅広だから16号を買えばいいんだな」と思うとブカブカで失敗する可能性があります。なぜなら大切なのは指輪の幅ではなく、お肉の逃げ道だからです。どういうことかというと、印台やドクロ、月甲型の幅広リングの場合、指輪の内側に「裏抜き」「裏張り」がある場合があります。これは表側にボリュームのあるデザインが重くなりすぎないように内側から薄くくりぬいてあるデザインのことで、こういったデザインの場合裏抜き部分にお肉が逃げるためリングゲージで測ったサイズでちょうど良い場合があります。

"ぴったりリングサイズ" それぞれのお話し

弊社スタッフに聞いてみた、リングサイズの好み色々です。

1、女性スタッフ 40代

私はピッタリくらいが好き。石鹸で手を洗った時とか、洗い物してる時に外れちゃうのが怖いからちょっときつめとまではいかないけどピッタリが好き。むくんだ時は外しちゃうから外す用のポーチを持ち歩いて無くさないようにしてます。

2、女性スタッフ 20代

甲丸とかデザインが1周変わらない指輪なら緩めで回ってもいいけどデザインが表にあるやつは回っちゃうからちょっときつめじゃないと気持ち悪いかな。

3、女性スタッフ 20代

むくみやすいので外れなくなるのが心配で緩めにしてます。手を洗う時とか抜けてしまいそうな時は外してから洗うようにしてます。

4、女性スタッフ 30代

ピッタリすぎると着けてる感が強くなりすぎるのでちょっと緩めにつけてます。きつくなると物を持った時に痛いので余裕を持たせてます。

5、女性スタッフ 30代

夏に緩めの指輪を買うと冬にはブカブカになってしまうので買った季節で結構サイズが違います。基本は少し緩めが好きですね。

6、女性スタッフ 30代

指輪が回ってしまうのが嫌なのできつめが好きです。関節を越えるのがのがちょっと大変だけどそのくらいの指輪が多いです。

7、女性スタッフ 50代

ゆるめです。基本的に縦爪のような上に大きく出た指輪が好きなので、そんなに回転しないので気になりません。

 

以上7名に聞きましたがきつめ派の意見はデザインが回ってしまうのが嫌。外れてしまうのが怖い。という意見が多いです。ゆるい派の意見としてはむくみ対策。付けている感が強いのが嫌。という意見が多かったです。やはり好みによるところは大きいですね。ちなみに指輪が緩いと抜けてしまいそうで怖いという場合にはこちらのような細身の指輪を上から重ね付けすることで抜けるのを防止することができます。例えば使いたいリングを指のサイズプラス1号で作成し、緩めに着用して細身のリングをマイナス0.5号程度で作成して上から着けるとストッパーになります。細身のリングであれば多少サイズが小さくても圧迫感が無く違和感なく着用できますので便利です。他にもサイズ直しのできない指輪のサイズが大きかったりした場合もストッパーを着けることで解決できる場合があります。

ジュエリーとの付き合い方もそれぞれ

好みのデザインや使い方によってリングサイズも様々な選択肢があります。また指輪は買った直後よりも少し歪んできた方がフィット感が増したりもします。指輪は真円で作成しますが人間の指は真円ではないからですね。自分がどんな風に指輪を着けたいか、ずっと着けていた時にどんなことを感じそうか。想像しながらリングサイズを決めてみてもいいかもしれません。ここまでお読みいただきありがとうございます。

yahoo :https://store.shopping.yahoo.co.jp/atrus/b2d5f4a51aa.html

楽天 :https://item.rakuten.co.jp/atrus/c/0000000129/

amazon :https://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_nr_p_lbr_brands_browse-_0?rh=n%3A85895051%2Ck%3A%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%B7%A5%E6%88%BF%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9%2Cp_lbr_brands_browse-bin%3A2331514051&keywords=%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%B7%A5%E6%88%BF%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9&ie=UTF8&qid=1345425340&rnid=2321255051

-ジュエリー, 指輪
-, ,

Copyright© jewelry atrus blog , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.