ネックレス

ネックレスとペンダントとチョーカーの違い

投稿日:

『ガーネットのネックレスのペンダントを別のものに交換したいのだけれどネックレスをチョーカーにしてみようかな』わからない人にとってはもはや呪文のようなこの文章。「ネックレス」と「ペンダント」と「チョーカー」どれも首につけるジュエリーですが呼び方が少しずつ違います。同じものを色んな名前で呼んでいるわけではなく、それぞれ違うものですので区別できる助けになればと思い、お話させていただきます。

まず、ネックレスとペンダントとは

ジュエリーで「ネックレス」は首を飾る鎖部分、チェーンのことを指すことが多いです。英語でnecklaceと書き、neckは首、laceはレースのカーテンなどのレースです。「ペンダント」はチェーンの先端についているデザイン部分のことを指します。「ペンダントライト」という照明が天井からぶら下がるタイプのことを指しますのでわかりやすいかと思います。ステーションネックレスのように首の周り全体を飾るようなジュエリーはやはりネックレスと言われます。

実は少し曖昧

試しにGoogleなどで「真珠 ネックレス」と検索してみるとぐるっと1周真珠が連なるタイプと先端にだけ飾りがついたタイプの2種類が検索されるかと思います。本来先端にだけ飾りがつくものは「真珠のペンダント」なのですがチェーン部分にもデザインが入っていたり、チェーンの素材が高価だったりすると、先端の飾りだけではなくチェーン部分も見てほしいという思いで「真珠のネックレス」という認識になります。逆に「真珠 ペンダント」と検索すると先端に飾りがつくものばかり検索されると思われます。つまりそのジュエリーの価値のメインを全体に置いているのか、先端の飾りに置いているのかという違いで「ネックレス」なのか「ペンダント」なのかが決まります。

チョーカーとは

チョーカーもネックレスのカテゴリの一部です。通常ネックレスは首に垂れていますがチョーカーは首にぴったりと寄り添うもののことを指します。チョークスリーパーのチョークですね。首に沿うので肌にダメージが無いよう、ゴムや紐で調整できるものが多く、チェーンのものはあまりありません。

ネックレス、ペンダント、チョーカー

以上をふまえてみると「ガーネットのネックレスのペンダントを別のものに交換したいのだけれどネックレスをチョーカーにしてみようかな」という会話も理解できるかもしれません。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

-ネックレス
-, , ,

Copyright© jewelry atrus blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.