ジュエリー

宝石用ルーペの使い方

投稿日:

ジュエリー店を訪れた時にルーペを手渡されたことは無いでしょうか。指輪やペンダントの細かい作りを見る時や希少な宝石を見る時に「こちらをどうぞ」と言われて使ってみたけどいまいちピントが合わなくてよくわからないまま返したことはありませんか。レンズが汚れているからピントが合わないのかと思ったり、視力が悪いからピントが合わなかったのかと思いきや、実は宝石用ルーペに代表されるような10倍ほどのルーペは通常の虫眼鏡や拡大鏡より扱いが難しいのです。今回は知ってると役立つルーペの使い方をお話しします。

虫眼鏡、拡大鏡は使えるのに

昆虫や草花、新聞の字を拡大して見る手持ちの虫眼鏡や拡大鏡はそこまで使うのに苦労せず、すんなり扱うことができたと思います。しかしルーペは虫眼鏡や拡大鏡に比べ拡大率が大きく焦点がシビアで少し遠くなったり近くなったりしただけでボケてしまいます。写真好きな方用に言うと被写界深度が浅いのです。またレンズも小さく、レンズの中で拡大されているのはわかるのだけれどそれに自分のピントが合わなかったりもします。これを解消し、かっこよくルーペを扱うにはどうしたらいいのでしょうか。
 

ポイントは目とレンズの距離

それではあなたがルーペを使って宝石を見てみようと思った時、ルーペのレンズは目からどれくらい離れているでしょうか。20cmくらい?10cmくらい?レンズの大きさや倍率、見る物によって若干前後しますが私の場合は2cmくらいでしょうか。そうなのです。思っているより目とレンズの距離は近くて良いのです。人によってはまつ毛が当たるかもしれないくらいの距離でも大丈夫です。私は普段眼鏡をかけているのですが、その眼鏡のレンズと目の距離と丁度同じくらいになります。なので私の場合はルーペを使うときにはいちいち眼鏡を外してから使っています。ちょっと面倒なのですがこうしないとしっかり見られないのです。この目とルーペの距離はずっと変えないまま見たい宝石を前後に少しだけ動かしてピントを調整します。私の場合は利き手は右、効き目は左なので右手でルーペを持ち、左目で覗き込み、右手の人差し指の節を鼻に当てて固定しています。ルーペを持つ指や手を顔や頬に当てて固定するとレンズの位置が固定できますのでお勧めです。

見る時は両目で!・・・両目?

「ルーペで見る時は両目で見る」という説明もありますが、そもそもルーペって単眼ですので、両目で見るというのは不自然ですよね。もちろん両目で見ると言ってもレンズを覗き込むのは片目です。もう片方の目をウインクするように閉じずに見るということです。この理由は2種類ほど通説があります。片目だけ閉じると疲れてしまうから、ですとかルーペを覗き込んでいるうちに他の宝石を盗まれないようにといった理由です。そしてこれは長い時間ルーペを見たり、高級宝石に囲まれていたりするプロの場合の話ですので、なんとなく見づらいから片目を閉じるというのも全然問題ありません。私の場合はウインクができないので自然と両目を開いたままルーペを使うようになっていました。宝石屋さんやジュエリーショップでルーペ受け取り、スっと目の近くに持っていき、両目を開けたまま使えたらプロに見えるかもしれませんね。ちなみに余談ではありますが「目をつぶる」と「目をつむる」の違いは何だろうと思って調べましたがもともとつぶるという言葉が徐々につむるに変化しましたが両方残って今に至るようなので、どちらも正しい日本語のようですね。余談でした。

ルーペの様でルーペではないスコープ

「こちらのダイヤモンドはハート&キューピッドがでますので」と言われ手渡された青い筒状のルーペのようなものを見たことがあるでしょうか。覗いてみたけど真っ暗でなんだかよくわからない・・・。というその筒は拡大してみるための物ではありません。ダイヤモンドのカットの精度を見るための専用スコープです。ダイヤモンドは肉眼ではキラキラ光って宝石のカットの左右対称性やカットの正確さを見ることはできません。スコープを除くとダイヤモンドが下記の図のように星型に見えたりハートが並んで見えたりし、これが美しく並んでいるものがカットが美しいとされ、価値が高いのです。ですのでもしこの「スコープ」を見かけることがあったらダイヤモンドのハート&キューピッドを見るための物なのだなと思ってください。ちなみに「ハートアンドキューピッド」「ハートアンドアロー」「ハナシルベ」「ハートキュー」「エイチアンドシー」等、色々な言いかたがありますが同じものを指しています。下記の図は左側がダイヤモンドを表側から見たときに見えるキューピッド、右側が裏側から見たときに見えるハートです。貴重な機会なのでもしスコープを渡されたら下のような図が出ているか見てみてくださいね。

 

一家に一つ宝石用ルーペ

初めて扱うにしては何とも扱いにくく感じる道具ですがアクセサリー作成や裁縫、ネイルアートなどに意外と便利に使える機会の多い宝石用ルーペ。ついつい身近にある色んなものを手にとっては眺めてしまう不思議な魅力があります。私も時々犬の肉球や鼻、猫のひげや目などルーペで見始めると止まらなくなってしまったりします。ブロッコリーやニンジンなどの野菜もとっても面白いですよ。もちろん道具としてはプロ用ですが大人から子供まで好奇心をくすぐられる道具でもありますのでこの機会に手に取ってみてください。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

yahoo shopping ルーペ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/atrus/120502108.html

-ジュエリー
-,

Copyright© jewelry atrus blog , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.