ジュエリー ピアスイヤリング

フープピアス、G型ピアス、遮断式ピアスが硬くて外れない時

投稿日:

 

ピアスの中でも男女共に人気の高いフープピアス。カジュアルからフォーマルまで様々な大きさや形があり、地金メインのものから彫りの入ったもの、宝石がしっかりつくものまで様々です。このフープ系のピアスですが、キャッチではなくピアスそのものについている金具にカチッと固定したり、穴に差し込んで固定したりしますよね。この金具が硬くて開かない!!外れない!!となった経験は無いでしょうか。耳の穴にポストが通って入るから怖くて強く引っ張れないし、爪も痛いから引っかけられないし、壊してしまいそうで怖いし・・・。そんな時になるべく確実に、怖くなく外せる方法を紹介しますので頭の片隅に置いておいていただけますと幸いです。

G型ピアス、遮断式ピアスの場合


この画像のように棒がパタパタと倒れてひらがなの「ひ」のような金具にカチッとセットするピアスの場合をお話しします。こういったピアスは「ひ」の字型の金具がそこまで頑丈では無いため外れにくいことも少ないのですが最初のうちは硬くて外れなくなることも多いです。特にステンレス製品の場合、ステンレスがとても硬いので「ひ」の字がなかなか緩くならず、いつまでも硬いことがあります。それでは手順です。

①耳たぶと棒の端を一緒につまむ

棒と一緒に耳たぶをつかむことで耳のケガを予防します。

②本体を下に引く

棒を上げるのではなくピアス本体を下方向に引きます。耳たぶと手は固定されているので安全に取り外しができます。

ハギーピアスの場合

硬くて悩まされることが多いのはこちらかもしれません。初めてつける時はまだ金具も摩耗しておらずカチッっと入って外れないことがあります。こちらもやはりステンレス製のものは摩耗が少なく金属も硬いのでなかなか力いっぱい引っ張るのは怖いところです。では手順、の前に確認です。

確認 ピアスを外す方向

フープ型のピアスは前後や左右に引っ張るのではく、回転させるように力をかけると外しやすいです。

①両手の人差し指と親指でピアスを持つ

右耳の場合は右手が耳の後ろ、左手が耳の前で親指と人差し指でピアスをしっかりつまみます。

②中指の爪と爪を合わせる

中指を支点にするため爪と爪をしっかり合わせます。

③回転させるように開く

前後に引くのではなく中指を視点にして開きます。みかんを半分に割るような力の方向です。中指を視点にすることでブレにくく、恐怖も少ないかと思います。またテコを使えるので小さな力で外すことができます。

安全な取り扱いを

以上、フープピアス、G型ピアス、遮断式ピアスの外し方でした。外れなくなってしまった時というのはなぜか焦ってしまいますし、耳という自分では見ることのできない部分なのでやりにくいしストレスを感じることもあるかもしれません。そこでいったん落ち着いて、深呼吸をしてからなるべく耳に負担にならないように、なるべく痛い思いをしないように落ち着いてトライしてみてください。お菓子の袋を開けてぶちまけるようなタイプの失敗をしないように、必ず手や指を耳たぶから離れないように気を付ければ決して怖くありません。もし手元に別のピアスがあったら練習してみてから行ってもいいので是非パニックにならず、落ち着いてから取り外してみてください。ここまでお読みいただきありがとうございました。

-ジュエリー, ピアスイヤリング
-, , ,

Copyright© jewelry atrus blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.